新人研修の要

代表理事 古谷 治子  いよいよ4月、新人研修講座がスタートしました。  大企業なら半年から1年、中小企業ではひと月から3ヵ月、企業人になるための土台作りを、私たち講師がお手伝いするわけです。  日本生産性本部が発表した平成29年の新入社員は、「キャラクター捕獲ゲーム型」。凝りすぎて、よく分からない感もありますが、確かにゲームに例えると掴みやすい。古谷の思う、近年の傾向は「リセット世代」です。  何かあれば、全部リセットしてしまう。壁にぶつかった途端、ゼロベースにして辞めていくケースも珍しくありません。  果たして人生、それで良いのか。リセットは究極の手段であるべきなのに、数ヶ月や1年でリセットしては、癖になって、これからの人生がリセットだらけになってしまいます。  ビジネスマナーももちろん大事。型が人を作り上げていきます。でも、何より大切なのは、意識のところ。  働くとは何か、企業人と学生アルバイターは何が違うのか?   働くことの目的意識を持てるかどうか、これがカギです。意識をしっかり持っておかないと、何かあった時に判断できません。  ダグラス・マグレガーは、「正しい判断基準をなければ、どんなに頭が良くても、努力しても、例え運に恵まれたとしても成功しない」と、言っています。  またピーター・ドラッカーは、「働いてもらうのは、できないことのためではなく、できることのためである」と、述べています。  言葉で話すのは難しい課題、毎回の講座で同じ事を、同じように話…

続きを読む

もっと見る