PDCAのすすめ

いま、研修で、改めて力を入れようとしているのが、「PDCA」です。  古くて新しいビジネス理論、「PDCA」  P=PLAN 計画を立てる  D=DO 実行する  C=CHECK  点検する・評価する  A=ACTION 修正・改善する  このP→D→C→A を繰り返すことで、業務の効率をあげていくのがPDCAサイクル。ご存知、アメリカの物理学者ウォルター・シューハートとエドワーズ・デミングが生産管理や品質管理など管理業務をスムーズに進めるために提唱した考え方です。  この理論がいま再び、「仕事の基本である」と注目を集めています。  最近、さまざまな企業のTOPと話すのが、ごく基本的なことができない社員の問題です。挨拶ができない、報告・連絡・相談ができない。  そしてこの、P・D・C・Aが回せない社員が多いと言うのです。  PLANができる社員は結構いる。見栄えがする立派な企画書を作ってはきます。が、その先のD、C、Aができない。  企画書はいいが、誰がやるのかとなると、上に頼る。それだけでは妄想に終わります。 PDCAとは、計画、実行、評価、改善を回し、ミスを減らし成長を目指すこと。大切なのは一連のサイクルを継続的に行い、フレームワークにすることです。  当然、立場や職種によって重点を置くポイントは変わってきます。また、得手不得手によっても、力を入れるポイントは変わるため注意点も変わります。  例えば、計画性が足らない場合は、仕事の理解度や段取りを要…

続きを読む