新人の「命令形口調」

 新人研修で駆け回り、あっと言う間に4月も終わろうとしています。  今年の新人は「ドローン型」、強風をくぐり抜けてきた分、期待も大きいのですが、各所の研修で気になったのは、「お客様的態度」が多いことです。  その例のひとつが、新人によく見られる口調です。  某大手銀行様からは、新人の「命令形口調」を変えて欲しいと、オーダーがありました。   命令形口調 ⇒ 「●●してください」  一見、問題がないようですが、目下から目上へ、あるいは、社員・スタッフがお客様に対して言う口調ではありません。 正しくは、「●●していただけませんか」  後者の依頼形の言い回しは、立場が異なる場合に欠かせない表現です。  相手への「お願い」を丁寧な謙譲語にこめる、わずかなことですが、「してください」と頼む命令形とは、受け取る側の印象に大きく差が出ます。  細かいようですが、ビジネスマナーを指導する立場としては、わずかな言い回しも見逃すことはできません。  企業は「人がすべて」、だからこそ、新人を、どこに出しても恥ずかしくないよう、一人前のビジネスマンとして育てあげるのが、上司、先輩、もちろん、CS教育に携わる私たちの課題です。    人材育成について、研修でよく話すのは、部下や後輩をよく見ること。 これが原点です。  毎日の仕事にどう取り組んでいるか、何が苦手で、どんなことなら効率よく進められているのか、話し方のクセは何か、そんな日々の業務の洞察から始めます。    どんな…

続きを読む

今年の新入社員のタイプ

新人研修 真っ盛りの4月、講師のみなさんも新人教育、ビジネスマナー研修でお忙しい毎日かと思います。  研修をしていて気になるのが、新人のみなさんの振る舞いです。  なぜか、「お客様的態度」であること。新人は最も目下で、動き回るべき存在なのに、先輩が気を使っている様子です。 「コピーしようか」(先輩)「お願いします」(新人) 「お弁当あるかー、お茶は?」(先輩)「ないです~、お願いします」(新人)  本来なら「コピーしてきます」、「お茶、入れます」 のはず。  入ったばかりのフレッシュマンなのだから、周囲が気を遣うのは当然。でも、気を遣ってもらって当然のように、全く動こうとしない人が実に多いのです。 「これは教育しがいながる」と、改めて新人研修の必要性を痛感しました。  この時期、毎年話題になるのが、公益財団法人・日本生産性本部が発表する「今年の新入社員のタイプ」です。  ご存知のように、今年は「ドローン型」でした。  就活や経済状況の変化という強風に、煽られたものの、なんとか飛行を続け、目標地点(希望の内定を確保)したドローン=新人。  技術革新(スキルアップ)による成長が見込めるが、夜間飛行(残業)は規制されており、紛失の危険(早期退職)もあるため、運用には技量(会社、上司からの気配りや見極め)が必要である、とのこと。  なるほど、今年の就職活動はスケジュールの変更や「オワハラ」問題もあり、その強風を乗り越えたというのが好意的な面です。  加えて、「…

続きを読む